OPPOとドルビーラボラトリーズ、 知的財産に関するグローバルでの戦略パートナーシップを発表

2018-04-18

2018年4月4日 東京】 


アジアNo,1の市場シェアを誇るスマートフォンブランド、OPPOの日本法人、OPPO Japan株式会社(本社:東京都品川区、OPPO Japan 代表取締役:鄧 宇辰(トウ·ウシン/Deng Yuchen)と、オーディオ、ビデオ、ボイス技術の開発で世界をリードするドルビーラボラトリーズ(以下、ドルビー)は、知的財産に関するグローバルでの戦略パートナーシップを締結したことを発表しました。今後、OPPOはドルビーと共に、HE-AAC (High-Efficiency Advanced Audio Coding)、JPEG-HDRをはじめとする同社の音響・映像技術に関する協力を行っていきます。

 

HE-AACはドルビーによって世界数百社に使用が許諾されているオーディオ・エンコーディングの国際標準化方式です。JPEG-HDRは静止画像のコーディング技術の1つで、8ビット以上のハイダイナミックレンジの画像データを保存するため、ユーザーはポストプロセス処理の間も全体のレンジを維持しながら画像を抽出することができます。

 

ドルビーラボラトリーズのエグゼクティブバイスプレジデント、ゼネラルカウンセル兼コーポレートセクレタリのアンディー・シャーマン(Andy Sherman)氏は今回のパートナーシップについて次のように述べています。「OPPOは家電業界の有力企業であり、画期的な技術を取り入れたスマートフォンで世界中に知られています。今回、こうした企業がドルビーのグローバルパートナーに仲間入りしてくれたことを非常に嬉しく思います。」

 

OPPOのIP部門担当ディレクター、アドラー・フェン(Adler Feng)は次のように述べています。「驚異的な音響・映像体験を創出して世界をけん引するドルビーと協力して、当社はイノベーションをさらに進め、グローバルに拡大していけるものと期待しています。今回のパートナーシップによって、さらに優れたスマートフォンを開発し、画期的な技術や驚異的なユーザーエクスペリエンスが提供できるようになるでしょう。」

 

OPPOのスマートフォンは今年、発売から10周年を迎えます。日本市場に正式に参入し、最先端のテクノロジーとデザインを備えたOPPOの製品をより多くの若者に提供できるようになります。