• グローバル
  • 2020-08-05
  • OPPO
    FCバルセロナと連携した広告キャンペーン開始
    欧州市場での拡大のマイルストーンとして発信

    【2020年8月5日、深セン】革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランドOPPOは、欧州でのブランド確立を目的に、欧州8強を目指すFCバルセロナとの連携にスポットライトを当てた最新の広告スポットを公開しました。このキャンペーンは、同社の継続的な市場拡大を強調するもので、先月は、ドイツ、ポルトガル、ベルギー、ルーマニアが欧州ポートフォリオに加わりました。

    これは、中国ブランドと欧州サッカークラブとの間で最長の協力関係であるバルサとの過去5年間にわたる良好なパートナーシップを基に行われます。

    OPPOのグローバルマーケティング担当バイスプレジデントであるウィリアム・リウ(William Liu)は、以下のように述べています。「現在の市場の状況やライブイベントの中止は、世界のスポーツ・スポンサー市場に大きな影響を与えています。OPPOが長年続いてきたFCバルセロナとの提携に再びコミットすることは、この地域での当社のブランドの成長を広く示すものです。より重要なことは、未知数であるにも関わらず夢を追いかけるファンを応援することです。このように確立されたパートナーシップは、FCバルセロナが単なるクラブを超えた存在であるのと同様に、OPPOが単なるスマートフォンメーカーではないことを証明しています。」

    バルサファンを応援

    OPPOは、シーズン全体にわたるデジタルコンテンツシリーズを展開しています。これにはチームの最初のプレーヤーとのバーチャルQ&Aセッションや「Go for it」と名付けられたSNSキャンペーンや新規CMが含まれます。(https://youtu.be/Kam-Ye03JHM

    GO FOR IT

    スポット広告は、勝利を目指してドリブルをする若い女性が、周りの批判や自分への不安に打ち勝ちながら、男子との試合に参加する準備をしていく姿を描くことで、視聴者を若いファンの世界へ引き込みます。つなぎのアクションシーンにはバルセロナの選手が登場し、私たちは祝福のショルダーレイズをスタンドから見ているではなく、Find X2越しに仮想的に見ていることに気付くことになります。欧州の10の地域と市場で販売される5Gスマートフォンシリーズは、業界で最も先進的なスクリーンを備えた総合的強力な5Gフラッグシップ体験を提供します。

    6月には、Facebook、Twitter、Instagram Storiesで#CheerforBarҫaでクラブを応援する集中キャンペーンを開始しました。選ばれたファンからのメッセージがカンプ・ノウのLED広告ボードに表示され、閉じられた扉の向こうでのプレーとなるラ・リーガのシーズン再開時にプレーヤーを励まします。キャンペーンは広告ビデオの繰り返しに移行し、立ちはだかる障害に構わずに#GoForItの精神で夢と大志に突き進むファンを応援します。

    ファンは、FCバルセロナのDFのジェラール・ピケ(Gerard Piqué)、ネルソン・セメド(Nélson Semedo)、クレマン・ラングレ(Clément Lenglet)と、FWのルイス・スアレス(Luis Suarez)、マルティン・ブライトバ(Martin Braithwaite)のQ&A動画を視聴できます。各選手は動画で旅についてそれぞれの考えを披露し、バルサとOPPOがファンから集めた質問に回答します。

    OPPOは、FCバルセロナとのパートナーシップに加え、テニスの全仏オープンとウインブルドンとのパートナーシップも継続し、ボストンマラソンを加わりました。これら国際的スポーツパートナーシップとの関係の活用は、OPPOのグローバルにおける存在感と地元ファンの共感を高めます。

    欧州市場で主要マイルストーンを記録する5Gスマートフォンブランド
    欧州の5大スマートフォンブランドの1つとしてのステータスを固めるための、2年間の実績と熱意を示したOPPOは、地域での成長を加速させるグローバルパートナーシップを通じたブランドおよびチャンネル構築への投資を通じて市場展開を戦略的に進める新たな10年を開始します。2020年の主なマイルストーンは次のとおりです。

    ● 2020年7月の時点で、より多くの欧州市場に進出しました。ドイツ、ポルトガル、ベルギー、ルーマニアが含まれ、10以上の市場で展開しています。

    ● 2020年5月にドイツ、英国、スペイン、ポルトガル、ルーマニア、トルコ、オランダで4Gおよび5Gサービスを展開するVodafoneとのパートナーシップを発表し、新型コロナウイルスの感染拡大下においての購入手段とカスタマーサポートを確保するための特別なオンラインチャンネルを開設しました。これは、Swisscom、EE、Orangeなど既存の事業者の協力に基づいています。

    ● 2020年5月にドイツのデュッセルドルフに欧州HQを設置しました。新組織は、ローカルオフィスのサポートをさらに強化し、OPPOの開発計画を展開することで、欧州でのさらなる拡大を目指します。

    ● Canalysの調査では、OPPOは2020年第1四半期に欧州の5大スマートフォンブランドの一角に食い込みました。イタリアやスペインなどの市場での成長が特に顕著で、2020年第1四半期の成長は、前年比でイタリアで15倍、スペインで10倍となりました。

    コロナ禍での対応
    OPPOは、より良い世界に貢献する持続可能な企業を目指し取り組んでおり、圧力と困難にかかわらず正しい方向に進み、約束をせずとも為すべきことを実行することを断言します。OPPOは、新型コロナウイルスの流行発生時に地元への緊急寄付と製品からマスクへの製造ラインの転換に加え、事業を展開している全ての市場で社会的責任を負うグローバルブランドとしての役割を認識し、イタリア、スペイン、ドイツ、フランスなどの市場と世界各地に300,000枚のマスクを寄贈しました。

    お客様のニーズを満たすために、OPPOは、グローバルでカスタマイズされたサービスプランを発表、Amazonなどのオンライン流通チャンネルの拡大、オペレーターとのオンライン協力の強化、非接触販売での提供、製品保証とオンラインカスタマーサービスの利用可能期間を延長しました。

    OPPOのグローバルでの事業稼働の再開率は、中国では95%以上に達し、世界のその他の工場も、ドイツをはじめ各国の政策に基づいて徐々に回復しています。

    OPPOについて
    OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」を発表以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の相乗効果の実現に熱心に取り組んできました。現在OPPOは、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスに加え、FindシリーズやRシリーズを中心とした多様なスマートフォンやColorOSも提供しています。 OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開し、世界で6箇所の研究機関と4箇所のR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えています。OPPOの40,000人以上の社員は、世界中のお客様のより良い生活を実現することに日々取り組んでいます。

    オッポジャパン公式WEBサイト: http://www.oppo.com/jp/index.html

    Twitter: https://twitter.com/OPPOJapan

    Facebook: https://www.facebook.com/oppojapan/

    Instagram: https://www.instagram.com/oppojapan/

    電話 : 0120-03-6776

    フリーダイヤル

    0120-03-6776

    10:00 - 19:00 (年中無休)
    お掛け間違いにご注意ください。

    メール

    メール