• グローバル
  • 2020-09-30
  • OPPO 中国電子サウンド工業協会および大手オーディオメーカーと共同で< Audio Quality Societyを設立

    【2020年9月25日、中国 深セン】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは本日、中国電子サウンド工業協会および大手自動車メーカー数社と共同でAudio Quality Society(以下AQS)を設立することを発表しました。これは、5G時代の消費者向けオーディオ体験を強化するためのOPPOの継続的取り組みの一環です。

    AQSは、デバイスベンダー、ヘッドセット、オーディオチップメーカーなどのサプライチェーン関連企業、専門的テスト機関の連携を強固します。当初の取締役は、Bestechnic、China Electronics Standardization Institute(CESI)、Edifier、HiBy、HiVi、HIFIMAN、Knowles、MediaTek、Savitech、Xiaomi、vivoで構成されます(アルファベット順)。AQSの設立者の1つであり、中核技術の貢献者でもあるOPPOは、常任役員を務めます。

    この数年、Bluetoothオーディオ伝送規格とオーディオコーデックフォーマットの不一致によってオーディオ伝送品質が何らかの妥協を強いられ、それが不十分な消費者体験につながることがたびたびありました。AQS規格の目的は、ワイヤレスオーディオ伝送コーデックおよびハードウェアによってもたらされる障壁を打破し、ヘッドフォン、オーディオ機器、スマートフォンの相互運用性を高めることにあります。これにより、モバイル機器のオーディオ品質が向上し、より高品質のオーディオ体験がユーザーに提供されるものと期待されます。

    OPPOのオーディオ事業責任者であるLiu Jia(リュウ・ジャ)は、次のように述べています。「OPPOはその卓越した高品位サウンドで数多くの業界賞を受賞し、世界的な地位を獲得したMP3および高精細DVDプレイヤーによってOPPOはオーディオ製品業界に強固な基盤を築きました。AQSの設立により、各関連会社の間のコミュニケーションと協力のためのプラットフォームが構築されることを期待しています。OPPOは、パートナーと共同でより厳密なテストと認定規格の策定と促進を図り、革新に基づいた高精度オーディオエコシステムの確立を推進します。」

    AQS技術規格は、6つの主要領域に重点を置き、高精度でプロフェッショナルなサウンド品質をユーザーに提供します。電気音響通信規格は、True Wireless Stereo(以下TWS)イヤフォンの13種類のテストを通じて音声通話の品質を確保します。音楽音声効果規格は、LHDC(Low latency and High-Definition audio Codec)をサポートし、主観的および客観的試聴スコアの高精細設計によってオーディオ品質を確保します。さらに、AQS技術規格は、周辺ノイズ低減とBluetooth接続性能を向上することで、ユーザーが低遅延の通信を利用してより静かなリスニング体験を楽しめるようにします。

    音楽体験の面では、新たに設計されたUIインタラクティブテストにより、エンドユーザーにより直観的な操作体験が提供されるようになります。日常的に使用頻度の高い音楽、通話、音声アシスタントの3つの利用シナリオ向けには、消費電力テストシステムによってTWSイヤフォンのバッテリーの駆動時間が保証されます。これにより、最高のユーザー体験が提供されます。AQS技術規格は、信号送信から伝送、処理、音声デコーディング、スピーカー再生に至る全プロセスの間で安定性を確保することを目指しています。これにより、より没入的な高品質オーディオ体験が多数の機器で得られるようになり、5G時代のよりスムーズなモバイルマルチメディア体験が提供されます。

    長年にわたり、OPPOは革新的な製品とサービスを通じて消費者のニーズと好みについて深く研究し、経験を得てきました。OPPOは、スマートフォンや他のオーディオ機器とイヤフォンの接続を強化し、ヒューマンコンピュータインタラクティブ体験を最適化するために、音響技術に関する広範な専門知識を導入し、Bluetoothコーデック、電気音響通信、音楽音声効果の3つの主要分野でAQS技術規格の制定に貢献します。 OPPOは、現在の評価に基づいて、新世代のスマートフォンとミッド-ハイエンドオーディオ製品が近い将来AQS規格に完全に適合するようになると予測しています。

    OPPOについて

    OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」を発表以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の相乗効果の実現に熱心に取り組んできました。現在OPPOは、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスに加え、FindシリーズやRシリーズを中心とした多様なスマートフォンやColorOSも提供しています。 OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開し、世界で6箇所の研究機関と4箇所のR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えています。OPPOの40,000人以上の社員は、世界中のお客様のより良い生活を実現することに日々取り組んでいます。

    Livechat

    チャットサポート

    電話 : 0120-03-6776

    フリーダイヤル

    0120-03-6776

    10:00 - 19:00 (年中無休)
    お掛け間違いにご注意ください。

    メール

    メール