OPPO、ウィンブルドン選手権の 公式スマートフォンパートナーに選出

2019-04-26

*本リリースは4月26日にロンドンで発表したリリースの抄訳版となります。


【2019年4月26日、ロンドン】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは本日、All England Lawn Tennis Club(AELTC)とのパートナーシップを通じてウィンブルドン選手権初の公式スマートフォンパートナーになったことを発表しました。ウィンブルドン選手権では、アジア圏で最初のパートナーとなります。




世界をリードするスマートデバイスブランドであるOPPOは、これまでFCバルセロナと国際クリケット協会(ICC)の公式モバイルフォンパートナーとしてスポーツ分野のパートナーシップに強力な実績を築いてきました。今回の新しいパートナーシップは、OPPOブランドがテニスの分野にも進出することを表します。


2019年の選手権から締結された5年間の契約により、両者のブランドが双方にとって、成長が見込まれる重要市場での認知を拡大する機会を実現します。OPPOは、ウィンブルドンのブランド力によって、英国および欧州全域での認知を拡大し、欧州市場に対する長期的投資の意思を示します。AELTCは、OPPOのブランド力によって、OPPOが進出している市場、特に中国におけるウィンブルドンの認知を拡大します。



今回のパートナーシップの核となるのは、「In Pursuit of Greatness(偉大さの追求)」というウィンブルドンのモットーと、製品イノベーションとデザインに対するOPPOのコミットメントを踏まえた上での、選手権におけるOPPOのスマートフォンの技術を活用することです。OPPOのフラッグシップカメラフォンであるFind Xと新ブランドのRenoは、ウィンブルドンの美しさに命を吹き込むだけでなく、OPPOの新規ブランド戦略の強力なアイコンとして、消費者とのより統一的かつ綿密なコミュニケーションをグローバル規模で展開します。コラボレーションを示す一環として、OPPOのスマートフォンで撮影された高品質な写真をOPPOウィンブルドンフォトギャラリーでの紹介、また、ウィンブルドンで大きなブレークスルーを果たした選手を表彰するOPPO Breakthrough Awardも贈呈します。



OPPOは、AELTCが推進している芝コートシーズンでのサポートとの芝コート戦略のプロモーションでも大きな役割を果たします。AELTCの戦略は、青少年が成長していくあらゆる段階において芝コートで競技を行い、最終的にはウィンブルドンチャンピオンになるために強化する機会を提供することにあります。


OPPOのバイスプレジデントであるブライアン・シェン(Brian Shen)は、以下のように述べています。「ウィンブルドン選手権のアジア初のパートナーになることをとても嬉しく思います。この選手権には、当社が優先して取り組んでいるイノベーションと製品デザインというブランド価値において相乗効果があります。このパートナーシップは、欧州市場全体への拡大に向けた計画だけでなく、OPPOのグローバルなコミュニケーションをさらに強固なものにするものと信じています。」


AELTCのコマーシャルおよびメディア担当ディレクターであるミック・デズモンド(Mick Desmond)氏は、以下のように述べています。「ウィンブルドン選手権の公式スポンサーファミリーにOPPOを迎えられることを嬉しく思います。OPPOのスマートフォンがウィンブルドンの象徴的な美しさに命を吹き込み、世界中の視聴者に提供してくれることを楽しみにしています。」



このパートナーシップ契約の締結では、OPPOのバイスプレジデントであるブライアン・シェン、AELTC委員会委員であるティム・ヘンマン(Tim Henman)氏、AELTCのコマーシャルおよびメディア担当ディレクターであるミック・デズモンド氏が署名を交わすセレモニーがAll England Clubで行われました。