• グローバル
  • 2021-07-22
  • OPPO、次世代通信規格を見据えた6G白書を発表

    AIと通信の融合がもたらす未来の可能性を想像

    ·   6Gは、AIの在り方(推論、学習、対話、応用)を根本的に変え、すべての人がAIを利用できるようにします。
    ·   AIは次世代通信ネットワークの新たな側面として機能し、6Gネットワークの自己最適化と動的な管理をサポートします。

    【2021年7月13日 中国 深セン】-本日、OPPO Research Insituteは初の6G白書「6G AI-Cube Smart Network」を正式に発表しました。 この白書では、人工知能(AI)がどのように6Gネットワーク アーキテクチャーをどのように強化できるかについて、通信業界初の詳細な考察の一つとして、次世代通信ネットワークの設計に関する詳細なビジョンを提案しています。

    現在、OPPOでは6Gに向けた専門の研究チームを立ち上げ、6Gのサービスや技術要件、主要技術、システムの特徴など、予備調査を行っています。
    OPPOは、6Gによって、人々のAIとの関わり方がこれまで無いほど変化し、AIが誰もが利用できる真の公共性を持ったテクノロジ-になると考えています。 6Gによって強化されたスマートデバイスはAIの重要な参加者およびユーザーとなり、AIアルゴリズムをさまざまなアプリケーションレベルでダウンロードして展開し、新たな没入型体験を生み出すとともに、より高度なAIモデルに供給するためのデータを常に収集することになります。

    例えば自動運転の場合、6Gネットワークは、車両の位置や、現在のぶつりてき環境(時間帯や天候など)に基づいて、最適なAIアルゴリズムと最適な通信接続を割り当てることができます。 車両は、無数の他の車両やデバイスによって学習されたAIアルゴリズムを即座にダウンロードして実行することができ、乗客にとって最も安全で快適な旅を提供することができるようになります。 

    OPPO のチーフ5Gサイエンティストであるヘンリータンは、
    「“技術開発は将来を見据えたものでなければなりません。 モバイル通信技術は10年単位で進化しており、次世代通信技術の標準化は、2025年に始まり、商業的な実装は、2035年頃になると予想されます。」 と述べています。「2035年に向けて、OPPOは、世界のインテリジェント エージェントの数が人間の数を遥かに超えると予想しています。そのため、次世代の通信技術である6Gは、人間だけでなく、あらゆる形態のインテリジェンスとそのさまざまなインタラクションのニーズに答えられるものでなければなりません。私たちは、この最終目標を念頭において、初期の技術研究とシステム設計を行ってきました。」

    現在のネットワークでは、制御機能(CP)とユーザー機能(UP)の2つの次元に分けられます。UPは、主にユーザーが感じる(速度や遅延など)ネットワーク性能の部分を担当しているのに対し、CPはネットワークとの構成と密接に関連しており、ネットワークノードの移動パターンや位置範囲が異なる場合でも、ネットワークの正常な動作を確保します。 UPを都市部を高速で移動する車両に例えると、CPは交通車流管理にあたります。

    この白書では、AIファンクションプレーンを6Gネットワークの新たな次元として導入し、従来のCPやUPと垂直に併せたインテリジェント・キューブ(AI-Cube)を形成します。 このAIをを活用した独自のアーキテクチャーは、ネットワーク機能とハイレベルなネットワーク機能の2つのレベルで6Gのネットワークを強化し、6Gネットワークの、自己最適化と動的な管理、リソースの高度な分配を可能します。

    6Gは、データサイロやユーザーのプライバシーなど、AI開発で直面する多くの伝統的な問題を解決し、AIの推論、学習、相互作用、適用方法を根本的に変革します。 現在のAIアルゴリズムの限界を緩和するために、白書では、AIリソースを異なるドメインに分類することを提案しています。 特定のAIタスクに応じて配置され、6Gネットワーク上の複数のノードやリソースがAIドメインを形成し 正確なAIモデルの割当て、ネットワークリソースのスケジューリング、データ共有のための最適な戦略を提供します。 

    現在、スマートデバイスのコンピューティングパワーとストレージ容量は限られているため、大規模で一般化されたAIアルゴリズムを採用することは困難です。一方で、これらのデバイス上で実行可能な特化したAIは、ほとんどのユーザーの大規模なデータ需要を満たすことができません。しかし、6G NETWORKのAIドメインは、従来の基地局、データベース、AIモデルリポジトリ、アプリケーションサーバーなどの複数の役割を担うことができるようになります。

    現在、スマートデバイスのコンピューティングパワーとストレージ容量が限られており、大規模で一般化されたAIアルゴリズムを採用することが困難です。 一方で、これらのデバイス上で、実行可能な特化したAIは ほとんどのユーザーの大規模なデータ需要を満たすことができません。 しかし、6Gネットワークでは、AIが従来の基地局、データベース、AIモデル、アプリケーションサーバーなど、複数の機能を担うことになります。

    提案されているネットワークでは 6Gデバイスは、デバイス位置情報と要件に基づいてAIドメインに割り当てられます。 そして、このAIドメインは、希望するサービスを提供するために最適なAIアルゴリズムとタスクを発行し、関連するタスクを実行するために最適な通信接続を提供します。 4Gや5Gとは異なり、6Gネットワークでは、推論や意思決定に使用されるAIは、デバイス側とネットワーク側で有機的に統合され、デバイスがより重要な役割を担うことになります。

    OPPOは、近い将来 標準化される6G規格の形成に役に立つ6G技術の予備調査を継続していきます。 また、5Gの普及に大きく貢献した企業として、パートナー企業と協力して5Gの大規模な商用化を推進し、通信技術の進化による、Internet of Experienceの発展をリードし、その恩恵をすべての人にもたらしていきます。

    OPPOについて
    OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初の携帯電話「A103 Smiley Face」を発売以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の完璧な相乗効果の実現を追求しています。 現在OPPOは、FindシリーズやRenoシリーズを筆頭に、さまざまなスマートデバイスを提供しています。 デバイス以外にも、OPPOは、ColorOS オペレーティングシステムとOPPO  CloudやOPPO+などのインターネットサービスを提供しています。 OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開しており、世界で6つの研究機関と5つのR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えております。 4万人を超えるOPPOの社員は、世界中のお客様のより良い生活を実現するために尽力しています。

    Livechat

    チャットサポート

    電話 : 0120-03-6776

    フリーダイヤル

    0120-03-6776

    10:00 - 19:00 (年中無休)
    お掛け間違いにご注意ください。

    メール

    メール