• リリース
  • 2021-05-14
  • OPPO、「2121 Future Photography」プロジェクトを開始

    “ありふれた日常を記録し、未来へと伝え残す”

    【2021年4月23日 中国 深セン】革新的なデザインとテクノロジーでスマートデバイス業界をリードするブランド、OPPOは、世界中の人々を対象に、100年後の未来に残したい日常的な思い出の共有を推奨するキャンペーン、「2121 Future Photography」(『2121年』の未来に残したいフォトグラフィー)プロジェクトを開始しました。

    OPPOのグローバル・ブランド・アンバサダーであり、俳優のエディ・レッドメイン氏(Eddie Redmayne)は、動画内で本プロジェクトを発表し、すべてのスマートフォンユーザーに対して、未来に撮影して残したい映像について想像してみてほしいと語り掛けました。

    また本プロジェクトで、OPPOのFind X3 Proを使って写真を撮影したエディ・レッドメイン氏は、次のように述べました。
    「一枚の写真は千の言葉に値する」とよく言われているように、言葉にはできないようなきれいな写真もありますよね。必ずしも大げさなものではなく、時にはごく日常的なものもあります。そして、ぜひ100年後の人々にも、そういった写真を見ていてもらいたいと考えています。」
    「私たちは楽しい思い出や、笑ってしまうような出来事、一緒に過ごした時間などをずっと残しておきたいと思っていますが、実は写真ですべて表現し、今日の出来事を、明日を生きる人々に共有することができます。そうすることで、願わくは私達の最高の姿を未来の方々の記憶に残す手立てになればと思います。」

    インスタグラムにて#dearfuture2121を募集
    「2121 Future Photography」では、100年後でも共感してもらえるような、メッセージを添えた写真を募集しています。写真のインスピレーションは、周囲の人々や空間、自然環境など、様々な日常の瞬間から得られます。人生の有意義な思い出を写真に収めることで、良い未来へ私たちをいざなってくれるはずです。
    写真やメッセージはハッシュタグ#dearfuture2121と#shotonOPPOでインスタグラムに掲載されます。

    賞品について
    参加してくださった方の中から、旅行券や写真のオンライン授業受講資格の贈呈を検討しています。
    くわしくは下記にあるOPPOのグローバル版HP(全文英語)をご覧ください。
    https://events.oppo.com/en/2121-future-photography-project/

    OPPOについて
    OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」を発表以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の相乗効果の実現に取り組んできました。現在OPPOは、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスに加え、FindシリーズやRenoシリーズを中心とした多様なスマートフォンやIoT機器、ColorOSを提供しています。 OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開し、世界で6箇所の研究機関と4箇所のR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えており、世界中のお客様のより良い生活を実現することに日々取り組んでいます。

    Livechat

    チャットサポート

    電話 : 0120-03-6776

    フリーダイヤル

    0120-03-6776

    10:00 - 19:00 (年中無休)
    お掛け間違いにご注意ください。

    メール

    メール