• リリース
  • 2021-03-10
  • OPPO Watch 41mmのソフトウェア更新のお知らせ

    OPPO Watch 41mmのソフトウェア更新のお知らせ

    革新的なデザインとテクノロジーでスマートデバイス業界をリードするブランドであるOPPOは、現在販売中のスマートウォッチ「OPPO Watch 41mm 」のソフトウェアの更新を行います。 
    ソフトウェア更新は3月10日(水)午前中から3月12日(金)にかけて順次に開始いたします。

    1. 対象機種と更新開始日

    機種 ソフトウェア更新開始日
    OPPO Watch 41mm 2021年3月10日

    2.ソフトウェア更新の内容

    ・スマートフォンのアラームをウォッチで操作する機能を追加※1

    ・スマートフォンの世界時計をウォッチに同期する機能を追加※1

    ・リモートシャッター機能を追加※2

    ・ウォッチを探す機能追加※2

    ・新しい文字盤を18種類追加

    3.更新に必要な時間

    ダウンロード回線 更新時間 ファイルサイズ
    Wi-Fi 約20~30分 約70MB

    4.更新方法
    「設定」→「システム」→「デバイス情報」→「システムアップデート」

    上記の順番に従い、ソフトウェアのアップデートを行ってください。

    5.完了後のバージョン情報
    更新が正常に完了するとバージョンは下記の通りとなります。

    バージョン(ビルド番号): PXDR.201012.001.OW19W6AP_11_A.47.210222094905

    確認方法:「設定」→「システム」→「デバイス情報」→「ビルド番号」で確認できます。

    6.ご注意事項
    ※1 この機能は、バージョン4.0以上の「HeyTap Health」アプリとColorOS 7以上に更新したOPPOスマートフォンでのみ対応いたします。
    ※2 この機能は、バージョン4.0以上の「HeyTap Health」アプリをインストールしたスマートフォンで対応いたします。
    その他
    ・ソフトウェア更新は本体の電池残量が十分な状態(フル充電)で実施してください。
    ・ソフトウェア更新を行う際は通信が切断されないよう、電波が強く安定している状態で移動せずに実施してください。
    ・ソフトウェア更新中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。故障の原因となる場合があります。
    ・ソフトウェア更新にて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはありませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がありますので、大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施してください。
    ・ソフトウェア更新実施後に初めて起動したときは、データ更新処理のため、数分から数十分間、動作が遅くなる場合があります(所要時間は本端末内のデータ量により異なります。通常の動作速度に戻るまでは電源を切らないでください)。