OPPO、革新的なアンダースクリーンカメラ技術を MWC上海2019で発表

2019-07-01

*本リリースは6月26日に深センで発表したリリースの抄訳版となります。



【2019年6月26日、深セン】革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランドであるOPPOは、「リアルフルスクリーン」のユーザー体験を提供するアンダースクリーンカメラ(以下USC)という革新的技術をMWC上海2019において発表しました。



[本格的なフルスクリーン体験を提供するアンダースクリーンカメラ]


OPPOのプロダクトマネージャーであるシャオ・ジャドン(Qiao Jiadong)は、以下のように述べています。「OPPOは、より没入的かつ総合的なユーザー体験を提供するための製品と技術革新に取り組んでいます。USCは、未来に対するOPPOのビジョンの一部であり、業界の技術的進化をゼロから1に前進させることを願っています。また、当社は技術革新について想像性を拡張する手段としてだけではなく、様々な利用法の可能性を開くための手段としても考えています。」


より没入的なフルスクリーン体験を提供する初のアンダースクリーンカメラ

USCは、新世代のスマートフォンの仕様や設計を実現するOPPOの最新の革新的技術です。USCは、フロントカメラとスクリーンを統合することで、完全な視認性、没入的スクリーン、これらの技術が統合された端末をユーザーに提供します。また、ユーザーは画面全体の表示と保存、写真の撮影、顔認証の使用、ビデオ通話を行うこともできます。



[カスタマイズされたカメラモジュールを備えるアンダースクリーンカメラ]


OPPO初のアンダースクリーンディスプレイソリューションであるUSCは、より多くの光を取り込めるようカスタマイズされたカメラモジュールを搭載しています。スクリーンは、ゾーンコントロールと、スクリーン越しの光の透過率を高める「極めて透明な」素材を備えています。それ以外にもOPPOのカスタマイズされたアルゴリズム、かすみ除去アルゴリズム、ホワイトバランスアルゴリズムを備えるUSCは、完全な写真体験を実現し、将来的にはスマートビューティモード、フォトファイラーなどの機能をサポートします。



[新たなアルゴリズムの採用により、撮影する写真はよりカラフルかつ鮮明に]


シャオ・ジャドンは、以下のように述べています。「最近はスマートフォンが提供する機能が多くなっており、没入的で広いスクリーンビューを求める声がユーザーの間で高まっています。水滴型のノッチスクリーンからピボット構造、そして本日発表されたUSC技術へと、OPPOは『薄くて軽量』と『フルスクリーン』の間の最適なバランスを追求してきました。OPPOは、USC技術によって究極の『本格的フルスクリーン』をユーザーに提供したいと考えています。」


5GおよびIoTスマートホームの在り方を追求し、5G+インテリジェント接続の新しい時代を受け入れ

OPPOは、USCだけでなく、5GとIoTでの最新の成果も発表しました。OPPO Reno 5Gは、クラウド上の大規模モバイルゲームを5Gネットワーク経由で読み込むことができ、ユーザーは5Gクラウドゲーミングを楽しむことができます。IoTスマートホームゾーンにおいて、OPPOはIoTオープンプラットフォームを紹介しました。これは、ブランド各社の260機種以上のデバイスを含め、20を超えるカテゴリにまたがる製品と互換性があります。



[MWC上海2019のOPPOブース]


ユーザーのニーズと未開拓の技術の両方に常に向き合ってきたOPPOは、R&Dイノベーションを通じてユーザー体験を最適化することに取り組んでいます。MWC上海2019でOPPOが紹介した技術は、スマートフォンに関するOPPOのブレークスルーと成果を示しています。これからの5G時代を受け入れるOPPOは、革新的な5G体験を近日中にユーザーに提供することを約束し、近い将来の5G+インテリジェント接続性を利用したアプリケーションシナリオの実現を促進し続けます。