OPPOのサイトではお客様の好みに合わせた情報提供を目的としてcookieを使用しています。このサイトを引き続き閲覧することでCookieの使用に同意したものとみなします。Cookieのポリシーに関してはこちら

Cookie setting

OPPO Qualcomm Snapdragon 865および765Gモバイルプラットフォームを搭載した5Gスマートフォンのリリースを発表

・Snapdragon 865ベースのOPPOのフラッグシップデバイスは、2020年第1四半期リリース予定

・Snapdragon 765Gを初搭載するスマートフォンの1つはデュアルモード5GハンドセットのReno3 Proの予定

 

【2019年12月3日、ハワイ】革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは本日、2020年第1四半期に、Qualcomm®Snapdragon™865モバイルプラットフォームを搭載したフラッグシップ5Gスマートフォンを発売する最初の企業の1社となることを発表しました。また、Qualcomm Technologies, Inc.の5G対応次世代Snapdragon 765Gモバイルプラットフォームを搭載した新開発のReno3 Proを今月リリースすることも発表しました。これは、OPPO初のデュアルモード5Gハンドセットとなります。


 Qualcomm Snapdragon Tech Summitにおいて、OPPOのバイスプレジデント兼グローバルセールス担当プレジデントであるアレン・ウー(Alen Wu)は基調講演を行いました。

 

OPPOのバイスプレジデント兼グローバルセールス担当プレジデントであるアレン・ウーは、以下のように述べています。「Snapdragon 865モバイルプラットフォームを搭載することで、強化されたパフォーマンスによってカメラ、ゲーム、人工知能(AI)などの体験が改善されたプレミアムフラッグシップ5Gスマートフォンを世界中の消費者にお届けできます。Snapdragon 765Gを搭載するReno3 Proは、卓越した5G接続性、Qualcomm® Snapdragon Elite Gaming™、比類なきパフォーマンスによる体験を超薄型フォームファクターでユーザーに提供します。OPPOは今後も多くの5G製品を展開し、5Gの大規模な普及を世界中で推進する予定です。」

 

革新的なSnapdragon 5Gモバイルプラットフォームの採用により、OPPOは、クラス最高の通信接続性、パフォーマンス、電力効率に加え、最先端のフォームファクターデザインを兼ね備えるフラッグシップスマートフォンを実現し、ビデオ、写真、ゲームの究極の次世代体験をユーザーに提供が可能となります。5G対応Snapdragon 765Gを搭載し、7nmプロセス技術で製造されるReno3 Proは、卓越した5G体験を提供することで消費者の期待を上回ります。

 

OPPOは、5Gスマートフォンの開拓と普及に常にコミットしてきました。5月にスイスで公式にローンチされたReno 5Gは、欧州で最初の商用の5Gスマートフォンとなりました。幅広い称賛を集めたこのスマートフォンは、その後、オーストラリア、英国、イタリアでも展開されました。Reno 5Gの成功により、OPPO、Qualcomm Technologies、Ericssonは6月に「Best 5G Network Development in Europe」を共同で受賞しました。



OPPOは、Qualcomm Technologiesとの長期的なコラボレーションを大切にしています。2018年にSnapdragon 845を搭載したフラッグシップモデルのFind Xをリリースしました。欧州でのOPPOの大成功を証明することになったこのスマートフォンは、極上のデザイン、エンターテインメント、接続機能によって卓越したユーザー体験を消費者に提供します。2019年には、Snapdragon 855を搭載し、10倍ハイブリッドズームを備えるReno 10x Zoomと、Snapdragon 855 Plusを搭載したReno Aceを発表しました。どちらのデバイスもヒットし、前者は優れた写真、後者はゲームパフォーマンスが消費者から評価されています。

 

5Gとインテリジェント接続の時代において、OPPOは5Gテクノロジー、製品研究、アプリケーションシナリオへの投資を継続します。OPPOは、Qualcomm Technologiesをはじめとする業界パートナーと連携して5Gの価値と可能性を追求し、世界中のユーザーに提供し続けます。