OPPO アジア市場の首位に

2018-01-30

2018年1月2日ニューデリー – 調査会社カウンターポイントの調べによると、 セルフィーのエキスパートでありリーダーでもあるOPPOがアジア市場のスマートフォン出荷台数で15% の市場シェアを獲得し、ビーボ(Vivo)、シャオミ(Xiaomi)、サムスン、ファーウェイを抑え、人気ブランドの中で首位に立ちました。

世界全体のスマートフォン出荷台数でもOPPOは8%のシェアを獲得し、首位サムスン(21%)、アップル(12%)、ファーウェイ(10%)を追っています。世界のスマートフォン出荷台数は、前年同期比(YoY)で5%の小幅な増加、前期比(QoQ)では9%の増加となりました。


OPPOグローバルバイスプレジデント兼OPPOインディア社長のスカイ・リー氏は、次のように述べました。

「アジア市場の大切なお客様のご要望に応えることができたことを誇りに思うと同時に、この上ない喜びを感じています。これからもお客様に素晴らしい体験をご提供できるよう努力してまいります。」

こうした躍進の理由は、OPPOが高品質の製品に注力したことに加え、顧客の要望を理解し、顧客の声に真摯に耳を傾ける姿勢にあると考えられます。インド市場においてOPPOは、販売店とアフターサービスセンターを通じて、個々のユーザーに合わせた、より優れた顧客体験を提供することで、その存在感を高めてきました。

また、ボリウッドやクリケット、エンターテインメントといったプラットフォームを活用して若い消費者の取り込みを狙ったマーケティング戦略も功を奏し、インド市場でのブランド認知度がさらに向上しています。





OPPOについて:


OPPOはカメラフォンブランドとして、アジアや欧州、アフリカ、オセアニアなど30の市場の若い世代の方に楽しんでもらっています。OPPOはこの10年の間、カメラフォンの製造に注力しており、画期的なモバイルの撮影技術を革新してきました。OPPOは、セルフィーのビューティフィーケーション機能の提供を時代に先駆けて始めた最初のスマートフォンブランドとして5MPと16MPのフロントカメラを搭載したスマートフォンを提供しました。またOPPOは、UltraHD対応、回転式で5倍ズーム対応のデュアルカメラを搭載した初のスマートフォンも提供しています。OPPOのスマートフォンは、Counterpointの2017年Q3の調査でアジア第1位、IDCの調査でグローバル第4位にランクインしており、今日では優れたスマートフォンでの撮影体験を世界中のより多くの若い世代に提供しています。