全仏オープンとロレックス・パリ・マスターズの プレミアムパートナー兼公式スマートフォンに就任

2019-05-17

*本リリースは5月14日にパリで発表したリリースの抄訳版となります。


【2019年5月14日、パリ】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは本日、フランステニス連盟(FFT)とのパートナーシップ契約を締結し、今後3年間(2019~2021年)にわたって世界に名高い全仏オープンとロレックス・パリ・マスターズのプレミアムパートナー兼公式スマートフォンに就任することを発表しました。世界をリードするスマートデバイスブランドであるOPPOは、中国企業として初めて全仏オープンのパートナーとなり、これは双方にとって重要な節目と言えます。またスマートフォン業界からの初のパートナーであり、Emirates、Lacoste、Peugeot、Rolexといったプレミアムパートナーに加わります。



OPPOのバイスプレジデントであるブライアン・シェン(Brian Shen)は、以下のように述べています。「歴史ある全仏オープンのプレミアムパートナーに就任することを大変喜ばしく、また光栄に感じています。当社は2019年大会より、この伝説的なテニス選手権とともに心躍る旅に出発します。今回のパートナーシップは、この一流のテニス選手権を全世界にさらに普及させるとともに、OPPOブランドをより幅広い観衆に届けるための貴重なプラットフォームになるものと確信しています。」


FFT会長であるベルナール・ジウディセリ(Bernard Giudicelli)氏は以下のように述べています。「全仏オープンおよびロレックス・パリ・マスターズの初の中国企業パートナーとしてOPPOを迎えられることを大変嬉しく思います。この共同契約は、FFTに対する世界をリードするスマートフォンブランドからの信頼の証です。イノベーションというテーマに基づくコラボレーションは、中国のような主要市場で当選手権の影響力と存在感を高める、FFTの世界戦略と完全に合致します。」



OPPOと全仏オープンはこの新たなパートナーシップを通じて、ブランド認知、動画コンテンツ制作、若手人材育成、テクノロジー/製品体験といった幅広い分野にわたって協力します。OPPOのプレミアムスマートフォンである「Find X」および「Reno」は、全仏オープンの特別な瞬間を捉えるために用いられ、撮影された写真は競技場のフォトギャラリーで展示されます。OPPOは今後、全仏オープンの会場に特別なOPPOゾーンを設け、全世界から集まるテニスファンが最新のOPPO製品やテクノロジーイノベーションを体験できる機会を提供予定です。また、当社が若き才能にチャンスとインスピレーションをもたらす取り組みを実証するため、「Junior Wild Card Series by OPPO」のタイトルパートナーに就任し、中国、インド、ブラジルでの選手権に若手トップアスリートを集結させています。


ブライアンは以下のように述べています。「欧州で最も愛されるスポーツの一つであるテニスには、スポーツへの驚くべき情熱だけではなく、気品と芸術性も求められます。これは、最先端のテクノロジーと美的満足感の相乗効果を追求する当社の姿勢と共鳴します。全仏オープンとのパートナーシップは、両者の共通のビジョンを示すとともに、ユーザーとのつながりを深め、欧州全域の人々に関わるという当社の取り組みにおいて、重要な役割を果たします。」


世界的なブランドであるOPPOは欧州に積極的に関与しており、全仏オープンとの提携は、欧州におけるOPPOの優れたスポーツパートナーシップの伝統に基づいています。


全仏オープンとの最新のパートナーシップや、ウィンブルドン、FCバルセロナ、国際クリケット協会(ICC)との提携関係は、OPPOが欧州市場に対して取り組んでいる堅実な投資の重要性を示しています。OPPOは「欧州において、世界に向けて」という戦略に沿い、欧州市場での事業開発を加速させ、より革新的な製品とサービスを欧州および世界中の人々に届けるべく注力してまいります。