OPPO、2019年の研究開発に100億元を投資

2018-12-05

5G、人工知能、スマートデバイス分野への投資を増額
【2018年11月27日、深圳】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは、深圳で開催したイベント「2018 OPPO Technology Exhibition」において、テクノロジーに関する一連の新しい発表を行いました。OPPOの創業者兼CEOであるトニー・チェン(Tony Chen)は、2019年の技術開発投資額を前年比150%増となる100億元(日本円で約1634億円超)に引き上げ、年間投資額の増額を継続することを発表しました。研究開発予算の増額により、OPPOはサプライチェーンを統合し、技術的専門知識に基づいて技術力を強化します。さらに、スマートウォッチやスマートホームテクノロジーをはじめとする一連のスマートデバイスの開発にAIを活用することで、IoT(Internet of Things)時代の消費者からの厳しさを増す要求に応えます。



2018 OPPO Technology ExhibitionのAIセッションで話すOPPOの創業者兼CEO、トニー・チェン


OPPOが採用しなければならないトレンド ― 5G
テクノロジー企業として、OPPOは5Gのような最先端技術の発展には絶えず注目しています。トニー・チェンは以下のように強調します。「5GはOPPOが採用しなければならないトレンドです。5Gスマートフォンを最初に市場へ投入するメーカーとなることに加え、OPPOが5G+時代のアプリケーションオポチュニティを探ることが最終的には5Gの価値を決定します。OPPOは5Gをアプリケーションやユーザーインサイトと完全に統合し、革新的で必要性があり、便利かつシームレスなユーザー体験を提供するためにイノベーションを継続します。」 OPPOは2015年には先駆けて5Gチームを編成し、5G規格の初期段階で研究開発を開始しました。2017年12月に5G規格が確定すると、OPPOは5G製品の開発に速やかに投資しました。2018年8月には5G信号およびデータリンクの相互運用性の実現で先行し、この10月には最初の5Gスマートフォン接続を実現しました。


5G時代に実現されるAIのメリット
OPPOは、写真、顔認証、指紋識別などの広範な用途にAI技術を適用し、AIを利用したビューティーカメラ、3Dポートレート照明、インテリジェント認識センサーなど、多くの革新的機能を導入しています。トニー・チェンは以下のように述べています。「AI技術のメリットは、5G時代になってこそ実現します。OPPOにとってAIは機能であるだけでなく考え方であり、AIの開発展望はとても広大です。」AIを利用してユーザーの習慣を継続的に学習するOPPOのスマートフォンは、より優れたサービスとよりパーソナライズされた体験をプロアクティブに提供できます。 トニー・チェンは以下のように続けます。「将来的にはスマートフォンはインテリジェントなパーソナルアシスタントになるでしょう。それこそがOPPOが実現を目指しているものです。スマートフォンはAIの最高の入れ物の1つですが、まだまだ大きな発展の余地があります。OPPOは人工知能を積極的に採用すると同時に、最先端のAI技術とアプリケーションに注意とリソースを払い続けます」


スマートデバイス、スマートホームにおけるテクノロジー、アート、人間性の統合
トニー・チェンは、OPPOが5G、AI、IoTが幅広く利用される時代のリーダー企業になることにコミットしていることを強調して話を終えました。「我々は大胆に探究し、大胆にブレークスルーを果たし、大胆に革新する必要があります。将来、OPPOは技術革新をアートや人間性と完全に統合し、スマートフォンを中心にスマートデバイスやスマートホームを開発します。基本となる使命は、より良い生活を求める人々の期待に応え続けることです。」 OPPOは、最先端技術の研究開発を常に重視し、深い洞察に基づいた将来のためのデザインを備えています。内部の関係者がアイデアやテクノロジーをの情報交換するためのプラットフォームである2日間に渡り開催したOPPO Technology Exhibitionには、4つのセッション(AI、ビッグデータ、クラウド+IoT、5G)があり、12の展示ゾーンでは80を超える革新的プロジェクトを取り上げました。OPPOの現在の研究開発力と将来の技術ロードマップを示すと同時に、今年は各種業界の専門家による対話を促進し、将来の技術発展に向けて拡張された機会への扉を効果的に開きました。