OPPO 2019イノベーションイベントを開催 「より近づく(Get Closer)」機会をパートナーに提供

2019-02-26

5Gと10倍ロスレスズーム技術の探求



【2019年2月23日、バルセロナ】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは本日、初のグローバルイノベーションイベントをスペインのバルセロナで開催しました。


世界のスマートフォンブランド上位5社に入るOPPOは、2019年の自社のモバイル技術の進化を支えるイノベーションについて、いくつか興味深い発表をしました。OPPOは、世界初の10倍ロスレスズーム技術を披露し、5G技術の分野でも業界をリードする開発を展開しており、モバイル通信分野における革新的企業としての評価を強固なものにしています。


OPPOブランドは、日常生活の驚くほどの可能性からインスピレーションを得て、人々が日常にある美しさを現実化できるように支援しています。 OPPOは消費者のインサイトに基づき、R&Dに対する強いコミットメントを果たすべく技術革新に多額の投資を行ってきました。 画像の美化技術や、5G、AI、AR/VR、その他新しいモバイル技術など、OPPOが業界初の技術革新を何度も実現できたのも、このコミットメントのおかげです。


OPPOのバイスプレジデントであるアニー・ジャン(Anyi Jiang)は、以下のように述べています。「本日、メディアとパートナー向けに初のイノベーションイベントを開催できたことを誇りに思います。技術革新は当社の最優先事項であり、当社は消費者の手に未来を届けるために、これまで多くの開発を行ってきました。このコミットメントを継続し、特に5Gと写真の分野で一層の進化を市場に提供することを目指します。」



5Gはスマートフォン業界の未来であり、クリエイティビティ、イマジネーション、より近い接続性の無限の可能性をもたらします。OPPOは本日、5G時代を推進すべく、初の5GスマートフォンとOPPO 5Gランディングプロジェクトを発表しました。このイニシアティブにおいて、OPPOは、Swisscom、Telstra、Optusなどのパートナー、そしてSingtelなどの潜在的パートナーとのより緊密な協業関係を強力に推し進めることで、新しいユースケースを支え、新たな業界と接続する、新たなレベルのパフォーマンスと効率を消費者が体験できるように、5G製品とサービスの実装を推進することを提案し、それにコミットしました。


Qualcomm Incorporatedのプレジデントであるクリスティアーノ・アモン(Cristiano Amon)氏は、OPPOの5Gでの革新に向けた取り組みを支持し、以下のように述べています。「4G時代をリードしてきたOPPOは、5Gへの移行でリーダーとなるための好位置にいます。5G時代にはイノベーションをさらに推進する大きな機会があり、Qualcomm TechnologiesはOPPOと緊密に連携し、X50 5Gモデム、統合型RFトランシーバー、RFフロントエンドソリューションを備える当社のフラッグシップQualcomm® Snapdragon™ 855モバイルプラットフォームを搭載するOPPO初の5Gスマートフォンのローンチをサポートすることで5Gの真の可能性を実現することを目指しています。」



OPPOは5G時代の到来を待ちつつ2015年から準備を進めており、5Gの機能とメリットに適合するための機能に関して妥協のない魅力的なスマートフォンを確実に生産できるように、設計と技術に投資してきました。リリースが待ち望まれてきた初の5Gスマートフォンは、4K/8Kビデオのダウンロード/アップロード/クラウドプレイ、3Dビデオ通話、5GクラウドゲームおよびマルチプレイヤーAR/VRゲーム、店舗内ナビゲーション、ARショッピング、場所を問わない統合型/没入型エンターテインメントなどを通じ、確実に消費者の生活に変革をもたらすと考えられています。



イノベーションイベントにおいて、OPPOは世界初の10倍ロスレスズーム技術も発表しました。ユーザーに新たな機能を提供することで、あらゆる人々に品質低下を恐れずにプロのような写真を撮影する機会を実現します。 10倍ロスレスズームは、テレフォト、超広角、メインカメラの3レンズで構成されるトリプルレンズカメラ構造など、業界をリードするカメラ仕様によって実現される新しい技術です。ユーザーに一層の価値を提供するために、OPPOはメインカメラとテレフォトの両方のレンズにOIS(光学手振れ補正/Optical Image Stabilization)を実装することで高度な手ぶれ補正精度を実現しました。人々をその周囲の世界により近づけ、絶好のチャンスを失うことがないようにします。


イノベーションイベントの参加者に、ホログラム通話からARショッピング、10倍ロスレスズームを使用する体験デモなど、5Gによってユーザーが楽しむことができる、いくつかの画期的なアプリケーションのデモも披露しました。


OPPOは、MWCでもEricssonとQualcommのブースで製品を展示予定です。これらのブースでは、先進の高パフォーマンスクラウドゲーム企業であるShadowとの提携によって開発されたSoulCalibur6のライブデモを通じて、クラウドゲームを体験することができます。


OPPOについて
OPPOは、世界をリードするスマートデバイスブランドです。2008年に最初のフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」を発表以来、OPPOは美的満足度と革新的技術の相乗効果の実現に熱心に取り組んできました。現在OPPOは、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスに加え、FindシリーズやRシリーズを中心とした多様なスマートフォンやColorOSも提供しています。 OPPOは、40以上の国と地域で事業を展開し、世界で6箇所の研究機関と4箇所のR&Dセンター、ロンドンに国際デザインセンターを構えています。OPPOの40,000人以上の社員は、世界中のお客様のより良い生活を実現することに日々取り組んでいます。


オッポジャパン公式WEBサイト:
http://www.oppo.com/jp/index.html

Twitter:
https://twitter.com/OPPOJapan

Facebook:
https://www.facebook.com/oppojapan/

Instagram:
https://www.instaGram.com/oppojapan/